夜行バスでディズニーを楽しむ

仲間との楽しい旅行計画を糧に毎日を過ごしているという人も多いでしょう。
そう考えるとお金も時間も無駄遣いはしたくないですよね。
もっとお得に観光するためのひとつの案として長距離バスでの移動が挙げられます。
最大のメリットは料金的な部分ですがそれだけではありません。
昼間なら最近流行りのSAで移動中も楽しめるでしょうし、移動が夜間なら平日の仕事終わりにバスに乗りこみ次の日の朝から旅先をまわったり名物を食べたりすることも可能です。
せっかくの遠出ならば余すところなく楽しみたいですね。
バス会社のホームページを見ると入り口付近を乗降場所としたディズニーランド行きのウィラートラベルやオリオンバスなどの夜行バスが山ほどあります。
日本中にファンがいる国内屈指のテーマパークなわけですから毎日のようにバスが走っていても利用者が絶えないのでしょうね。
渋滞などがなければ大体現地に到着するのは開園時間の前なのでパークの営業時間を無駄なく使って楽しめます。
さらに料金が安いのでそこに使わなかった分食事やお土産にまわすことができる分も増えますし、節約分をまた貯めれば行ける回数も増やせるかもしれません。
利用者が絶えない理由がなんとなくわかるような気がしますね。
長距離を移動中に気がかりなことと言えばスマホなどのバッテリーがどれだけ残っているか。
移動中は暇なのでずっといじっていると目的地まですらもたないかも!なんて焦った経験はほとんどの人がお持ちでしょう。
新幹線は窓際や一番前の席などで充電ができる乗り物ですが実はなんとウィラートラベルやオリオンバスなどの夜行バスにもコンセント付きのものがあります。
情報サイトによってはその特集も組まれるほど求める利用者が多いということがわかります。
しかも個々の席に取り付けられているのもポイントが高いですね。
長距離移動に高速バスを利用する際お手洗いの問題は重要です。
移動時間帯が夜なら寝ているから大丈夫という人も多いかもしれませんが、数時間は過ごすことになる乗り物なので何度か行きたくなるということもあり得ます。
普通なら2、3時間おきに休憩をとるようになっているのでどうしても我慢できない!となることは少ないかと思いますが、体調がすぐれない日などはただちに行かなくてはならない状況に陥る可能性もゼロではありません。
それらの不安を解消してくれるのがトイレ付きのバスです。
これなら移動中も安心して身を任せることができそうですね。