シュミレーション結果により住宅ローンをあきらめることもある?

住宅ローンのシュミレーションをしていると、ちょっと危ないのではないかと思うことも少なくありません。
シュミレーションを立てるにあたって、あまり楽観的に考えすぎるのは意味がなく、多少悲観的に考えた方が安全なシュミレーションになります。
その結果住宅ローンをあきらめた方がいいのではないかと言う結論に達することも少なくありません。
住宅ローンは長期間の返済を伴います。
無謀なローンを強行すると支払不能を招き、将来の過程破壊につながりかねません。
もし現在のシュミレーションの結果住宅ローンをあきらめても、貯金を積み上げるなどして再度シュミレーションを立てることで念願のマイホームが実現できるのです。
撤退も一つの選択肢なのです。
住信SBIネット銀行住宅ローン借り換えは金利が安い?【メリットは?】