光に乗り換えし、IP電話を使うと便利になるの?

論理的には早い光回線が安定しない根拠の一つとして、光回線は近くの住宅やマンションの内部などで回線を分かち合っているため、多く使用する人の居る場所では遅くなってしまう場合があります。
週末や夜などのある一定の時間帯に段違いで遅くなってしまい、安定しないケースはこれが理由かもしれません。
最近、光回線の業者が高齢者の住む家を訪問し、強引な勧誘をしたり、判断力の劣りつつある高齢者を口先でうまく言いくるめて契約をさせるなど、光回線の契約トラブルが多くなってきています。
こういった事態を受けて、総務省では契約から8日以内であれば解約が行える光回線契約に関しクーリングオフ制度を2015年に導入する方針を明らかにしたのでした。
違うプロバイダに換えてキャンペーンのキャッシュバックを受領しました。
新しいプロバイダの回線のスピードも早く、サクサクと思ったとおりに動いてくれるので、特に不便だと感じることもなく、光に乗り換えという選択肢を選んで正解だったなというのが今の私の気持ちです。
お得なキャンペーンをやっていたら、プロバイダの変更を考えるのも良いでしょう。
使用しているのが光回線ならIP電話を使ってみるとリーズナブルで便利です。
使用するのは光回線なので、一般電話と同じように音声データを幾度も中継しなくても大丈夫です。
だから、電話料金がかなり安くなり、プロバイダ次第で変わりますが、月額の基本料金が電話回線よりも安くすむ場合がほとんどのことが多いです。