フラット35借り換えをする場合どんなときに得をする?

以前のフラット35は「融資までに時間がかかる」「借り換えができない」など使い勝手が悪く、利用者は多くありませんでした。
しかし、現在では借り換えが可能になり金利も下がってきたので利用者が急増しています。
他の住宅ローンからの借り換えは当然可能ですが、フラット35からフラット35への借り換えもできるのです。
同じ長期固定型の住宅ローンなら金利が安い方が得するに決まってますよね。
特に2000年から2009年頃に借り入れた人は金利が3.
0%と今では考えられないほど高い上に、残りの返済期間は20年から30年近くあるのですから借り換えない道理はありません。
残り期間20年、返済残高2000万円としても借り換えることで400万円弱も減額ができるのです。