フラット35住宅ローンの仕組みとは?

住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。

住宅ローンの金利をわけると変動金利もしくは固定金利があります。

あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行から薦められる事はありません。

多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。

また、固定金利・変動金利、どちらを選ぶかによって審査が変わってくる。

といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。

固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。

住宅ローンを組む際はまず、どこの金融機関に申し込みをするか決めないといけません。

銀行・ネットバンク・労金・信用金庫など住宅ローンを申し込める金融機関は数多くあります。

借入する所によって住宅ローンの審査の違いは大きな違いは特にありませんが、店舗がないネットバンクですと、取引はネットを通して行います。

店舗にいく手間がないので非常に人気です。

店舗がない分、経費がかからないので金利が低いのが特徴です。

ネットバンクは月の支払いを少しでも少なくしたい方や忙しい方におすすめの住宅ローンです。

住宅ローンで今人気を集めている商品がフラット35です。

フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事で、35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。

このメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですがフラット35のローン審査は一般的な物よりも審査の見方が異なります。

一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。

フラット35だからといって、審査内容が甘い。

といった事もありません。

フラット35の場合、住宅の価値が問われます。

ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、一般的なローンはそこまで価値を重視しないので、フラット35の特徴的な審査方法です。

住宅ローンを組むには、銀行や信用金庫などから審査を受ける必要があります。

住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査はとても厳重に行われます。

審査の結果は約1週間前後で電話もしくは口頭で伝えられます。

残念ながら審査が通らないと、住宅ローンは組めません。

そして、審査が通れば本格的な契約に移ることができます。

契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印や諸費用なども必要になります。

諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。

だいたい、安くても数十万?数百万単位の現金が必要となるでしょう。